指導者プロフィール

髙田 瑛子(たかだ えいこ)

 

静岡県富士市出身。

 

3歳よりヴァイオリンを、6歳よりピアノを始める。

また、桐朋学園大学附属『子供のための音楽教室』富士教室に入室。

 

1996年、日本弦楽指導者協会(JASTA)静岡支部創立20周年コンサートにてソリストを務め、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を演奏。

その後、大学・大学院にて臨床心理学を専攻、修士号を取得する一方で各種マスタークラスを受講する等研鑽を積み、さらにはレコーディングや演奏会に参加、活動の幅を拡げる。

2014年、社団法人才能教育研究会スズキ・メソード指導者資格取得。同年より後進の指導を開始した。 


また、楽器以前の音楽教育にも関心を持ち、特定非営利活動法人リトミック研究センター付属リトミック指導教員養成東京校にてディプロマA、幼稚園保育園一級指導者資格を取得。在学中には同校付属リトミック教室にてアシスタントを務めた。


現在はスズキ・メソード、リトミック"Kit"の指導のみならず、音楽ユニット『ラトレ』や『どれみふぁ♪リトミック』など、子供に関わるコンサートやリトミック体験に関わるプロジェクトに積極的に参加。また、リトミック研究センター東京第二支局指導会員および日本ジャック=ダルクローズ協会会員として更にリトミックの研鑽を積んでいる。

 

体験・見学のお問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です